つたをたつ

ゲームや映像媒体等娯楽についてのブログ。たまにエッセイも。

ALINCO コンフォートバイク2の異音について

 

 

レビュー欄で見た、ペダル周りの異音、というのが自分のものからも聞こえてきた。

 

漕ぎ始め3分ほどすると、ペダルを一周させる度に「コツン」という音がする。漕ぎ方を変則的にすると聞こえなくなったりする。

 

漕ぎ始め18分ほどで音はしなくなるのだが、音のするうちはどうも耳障りでストレスになる。

 

この製品、パーツの摩擦の関係か連続使用時間は30分までとなっている。勿論これをきっちり守った上での三日目の使用だったので、まさかこんなに早くトラブルに遭遇するとは思っていなかった。ちょっとショック。安いから仕方ないか。

 

バラして中身を見るほどの根性とやる気は無いが、30分使い終わった後の駆動部のカバーを触ると大分温かい。中はもっと熱を出しているに違いない。

 

熱で歪んだパーツがどこかで干渉し続けて、恒常的な歪みをどっかに作るんだろう、不安定だな。

 

明日以降どう動くか考えるのはちょっと楽しみであり、憂鬱でもある。

 

1万ちょいで買った製品だからそこまでのクオリティを求めていたわけじゃないけど、いざこうやってトラブルと直面すると手放す時の面倒なんかをどうしても考えちゃうわけで、どうにもペダルを漕ぐ足も重くなる。あーめんどくせ。

 

この手の大型製品は手放すときのことも考えなきゃいけないとよく覚えておこう。

 

ペット買うんじゃねえのに、めんどくせーな。