つたをたつ

ゲームや映像媒体等娯楽についてのブログ。たまにエッセイも。

SKAGEN HAGEN CONNECTED SKT1104 の使用感、感想

 腕時計は何年かカシオのA168WA-1、俗にいうチープカシオを使っていたのだが、度重なる乱暴な扱いによって壊れてしまった。

 

そこで人生初のスマートウォッチを使うことにした。

スカーゲンのハイブリッドスマートウォッチ。HAGEN CONNECTED。

 ↑これ

 

 

使い初めて大体一週間ほど。使用感、思ったことについて書こうと思う。

f:id:cut-vine:20180821225415j:plain

精一杯撮った写真

カッコいいんだけれど・・・

文字盤のデザインは洗練されている。初見時から大分ハートをグッと掴まれた。

が、使ってみるとイマイチ機能美といった感じではないなと思う。

 

左側にあるサブの文字盤。右半分の25刻みの数字は

「一日の目標歩数に対しての達成率」

を表している。

 

ジョギングをする人には良い機能かもしれないけれど、日常生活で歩数が気になることが殆ど無い自分には必要のない機能である。運動はエアロバイクで済ませてるし。

 

サブの文字盤の左半分は右にある3つのボタンに割り振られた機能のうち、選択中・稼働中の機能を示すもの。

正直要らない。なくても分かるし。

 

軽い

素材はチタン製。

時計屋で色々試した時、やはりステンレス製のスマートウォッチは特に重たかった

 

その点、これは大分軽い。全く負担に感じない。

 

ただ、ケースが分厚い(約12mm)から、これからアウターを羽織る季節、ひょっとしたら脱ぎ着する時煩わしく思うかもしれない。今検証する程のやる気は無い。

 

連携アプリがイマイチ

この時計、時刻合わせからメールや電話の通知等、全てスマートフォンとの連動で済ませている。

それらを司るアプリの出来がイマイチ。なんか動作重いし。

 

bluetoothの接続がたまにできなくなるし。

これについては、スマートフォンの再起動ですぐ解決するが。

 

電池の保ちが不安

普段使用している機能は

  • LINE、電話の通知バイブレーション
  • 音楽の再生、停止
  • 日付確認

の3つなのだが、そのうち通知バイブは「電池の消耗が激しくなる」と警告を受ける。

そのせいか、使い始めて一週間程で電池の残りが3割程。

 

店で説明を受けた時は「大人しく使えば1年は保つ」との事だったが、ぜってー嘘だ。

いいトコ1,2ヶ月だろ。

 

2/11/2018追記
未だに電池残量3割を保ったまましっかり動いている。ゲームボーイかよ。かれこれ3ヶ月近くちゃんと動いてます。

結構電池保ちました、すいません。

 

電池は一般的なボタン電池なので入手は容易だけど、ちょっと減るの早いな。

 

まとめ

なんか書き出してみるとデメリットばっかのように感じるけど、実際とても満足している

何よりもカッコいいし。腕時計において見た目って大事。

 

もし購入を検討している人がいて、見た目に惚れたならそれだけで買って全く後悔はしないはず。

 

LINE、電話の通知バイブレーションは大分便利。普段サイレントモードにしてるから、静かめのバイブでそっと教えてくれるのは助かる。

 

いい時計を持った。