つたをたつ

ゲームや映像媒体等娯楽についてのブログ。たまにエッセイも。

ドラマ「今日から俺は!!」8話は原作を無理に引き伸ばしただけだった

日テレドラマ、「今日から俺は!!」8話の感想とか。いつもどおり原作と比較していく。

 

ようやく3年生になった三橋達の下に、ヘルメットとバットで武装した1年生が襲いかかる。理子を番長と勘違いして襲いかかる彼に軟高が振り回される、というのがあらすじ。

 

元になったエピソードは原作12巻の恐怖の新入生編のあたり。

 

ドラマで50分やるにはちょっと短いエピソードなんじゃないかなって思ったんだけど・・・。

 

はじめに理子を助けに来たのは伊藤だった

今週も堅実に原作通りの流れで行くかなと思ってたところで、お?っとなったのがここ。ここから原作とは大きく異なる流れに向かっていった。

 

というのも、漫画ではヘルメット男に追い詰められる理子を助けに行くのは三橋なのだ

 

ドラマ今日から俺は!!8話の元ネタになった、三橋が理子を助けに来るシーン

西森博之 今日から俺は!!12 76ページより

この後、ヘルメット男を三橋が軽くノしてこの話は終わるのだが、ドラマは少し違った。

 

学校でヘルメット男に襲われている理子を助けたのは伊藤で、結局ヘルメット男と三橋の決着は8話最後、ドラマオリジナル展開の廃工場での戦いでつけられた。

 

なぜ決着を伸ばしたのかなあって考えると、やっぱりドラマも終盤に差し掛かり、理子と三橋の関係を加速させたかったのかなあ、なんて思ったり。

 

最後なんか三橋の理子に向かっての「俺の女」発言があったもんね、いいねえ~。

 

少なくとも、原作のヘルメット男の話ではそこまで関係は進んでなかったはず。

今日から俺は!!12巻の理子と三橋

西森博之 今日から俺は!!12 93ページより

原作ではこんな感じ。理子が可愛い。

 

ドラマでは二人の関係はどこまでいくかな。楽しみ。

 

相変わらず必要性のないドラマオリジナル

理子の担任がやられて、椋木先生(ムロ)が怒って色々とアクションを起こすけれど、本当に一切本編に関われてない。

 

ギャグパートのためだけにねじ込まれてるオリジナル要素。「今日から俺は!!」という物語の合間合間にコントを見せられてる気分。こりゃ最終回までこんな調子だろうな。

 

先週面白かったのもあくまで原作の人気エピソードを丁寧になぞったが故のもの。コメディで人気な監督だからずっと期待してたんだけど、本筋とは関係ないところでの変顔と茶番はもう飽きた。

 

同じように喜劇の得意な三谷幸喜なんかと比べると、役者の若さが目につく。もっと演技で笑わせてくれたらなあ、なんて思う。個人的な好みだけどね。

 

ちょっと話はそれるけど、最近ようやく銀魂の実写映画を見た。

 

今日俺と同じ監督というのもあって、見てて思う所は結構あったし、ドラマが終わったらそれについても書いてみようかなと思う。

 

 

最後に

今週は薄っぺらい話だった。

イマイチ話に馴染まないギャグパートにうんざりしてきたこともあり、今週は50分見るのがちょっと苦痛だった。

 

それでもやっぱりドラマならではの面白さを期待して見るんだけど、今のところは期待を下回り続けてる出来だなって印象。

 

生身の人間が演じるドラマではどうしても漫画やアニメよりヒューマンドラマの面を意識させられてしまう。

 

そんな中では、テンポの良い、痛快ギャグアクションってのは難しいのかな。漫画の実写化ってのは難しいね。

 

さて、次回予告を見るに、来週は開久殴り込み編。5話以来の本格アクション回になるのかな。

 

原作漫画だと17巻。

 

 

個人的にお気に入りの中野がこのドラマでは存在からカットされているので、どう事を運ぶのかなって感じ。

 

加えて6話に出てきたレプリカヤクザこと、元ヤクザの教師、剛田の活躍も楽しみ

 

6話のラストで開久に移った戦闘マシーンはどういった形で話に関わってくるのか、これが非常に楽しみ。

 

ちょっとマンネリを感じてきたこのドラマだけど、来週以降の終盤の盛り上がりに期待したい。

 

 

今日から俺は!!感想まとめ

cut-vine.hatenablog.com

 毎週やってました。