つたをたつ

ゲームや映像媒体等娯楽についてのブログ。たまにエッセイも。

メゾン・ド・ポリス2話感想 金曜夜に見るには最高のミステリ

TBSドラマ、メゾンドポリス2話の感想を書いていこうと思う。

www.instagram.com

まだ2話だというのに、なんだかシーズン2でも見てるような気分になってる。安心してのんびり面白く見られるドラマ。

 

相変わらずガバガバなディティー

先週に引き続き、ツッコミどころ満載なドラマだった。

数個体のうさぎの毛を同じブラシで取るような小さなところから、クローゼットに隠れるというトリックなんかも。

クローゼットの中に森元が隠れるのは原作通りなのだけれど、映像にされると尚の事気になる。結局クローゼットの中に残された衣類由来のウサギの毛と、手の痕、いわゆる中節紋が決め手で森元は捕まった訳なのだけれど、あんなに長い髪で普通にクローゼットに収まっていればもっと他の痕跡も残りそうだよね。ウサギの毛が残るくらいなら尚更。

まあ別にこれくらいは口うるさいオタクのツッコミ程度のモノなので、見てて全く気にならないのだが。

 

それでも、ムチャクチャ気になったのが、殺された平松さんにどうやって睡眠薬を飲ませたのか?という所。

f:id:cut-vine:20190119112725p:plain

TVer メゾンドポリス2話、36分11秒ごろより引用

平松さん、何気なく家で睡眠薬入りの飲料を飲んでいるけれど、一体どういう経緯で飲んだのか。だってこれすげー怪しいぞ。

  • コップの真横に平然と置いてある睡眠薬のものと思わしき包装
  • 平松さんに薬が効いている時間を平然と把握している犯人2人
  • そもそもこの2人はどうやって家に入ってきたんだ

なんて疑問が湧きまくり。オイ平松、ゆすりをやるならもっと周りの不審者に気を遣うんだな。

 

原作では森元と三上は会社の金を横領していて、平松はそれを自分にも分けなければ通報する、という形で二人を脅しにかかる。頭を抱えた二人は平松を横領仲間に入れると見せかけたパーティで睡眠薬入りの飲み物を飲ませる…

…といった風に筋が通っているのだが、ドラマではここをばっさりカットしていて笑ってしまった。全く説明の無い睡眠薬が事件の始まり。いいのかそれで。いいけど。面白いから。

 

 

ひよりが可愛いし、夏目が面白い

www.instagram.com

かわい~~。(脳死)

ほんとハマリ役。西島秀俊演じる夏目との掛け合いも面白い。

 

夏目は原作よりも、なんというか、行動が突拍子もなくなっている。先週の天ぷら屋でのハッタリや、今週の即興夫婦芸なんかがそう。捜査のためなら真面目な顔してなんでもするような予想できなさと、それに振り回されるひよりが面白い。

 

けれどこの二人の掛け合いは視聴者に媚びてるわけでもなく、至って自然。捜査第一の堅物と新米刑事のギャップが面白いだけだから。見てて全然不愉快じゃない。スベったりしないかなあなんてヒヤヒヤすることもない。きもちよーく見られる。こういうドラマが見たかったんだよ。

 

あと最後の酔っ払ったひよりと夏目の掛け合い、最高~~。何か夏目の過去を想像させるような演出もあったけれど。今後に注目。

 

 

ドラマオリジナル要素は全く浮いてない

原作に出てくるバー、IceMoon関連の話の全カットに伴い、お酒の絡むエピソードは三河屋との物になっている。

個人的には、新米刑事がオシャレなバーに毎週のように通ってバーテンを口説く原作よりも、大衆居酒屋で先輩に潰されたり、三河屋に流されて潰れてるドラマの方がよっぽど自然に見られる。

エセ方言の友達も、小説だといいけどドラマでやると冷めただろうなあ、カットして正解。彼女の役回り、女性としてのアドバイザー役は鑑識の先輩が担うのかな?

 

また、毎週の事件も短編集だった原作の1エピソードに大分肉付けしてあるけれど、これも至って自然な出来。フツ~のミステリ。インパクトは無いけど、オジサン達のコミカルさなんかとは良くバランスが取れてる。

 

こういうドラマ大好きだから、来年の正月あたりに再放送してほしい。のんびりまとめて見たい。正月からWANIMA聴くのはちょっと嫌だけど。

 

 

最後に

なんの不満も無しに2話を見終えてしまって、正直書くことがない。自分の備忘録半分で書いているドラマの感想記事だけど、このドラマは今のところ結構お気に入りドラマなので書き残すまでもないかも。

1話完結の、程よいミステリ。金曜の夜に見るには最高のドラマだった。

 

来週も楽しみ。

 

 

メゾンドポリス感想記事まとめ

www.cut-vine.com

1話ずつ書いてます。よろしければ他の記事もどうぞ。