つたをたつ

ゲームや映像媒体等娯楽についてのブログ。たまにエッセイも。

アバレンジャー、ダイノブレスの思い出

爆竜戦隊

アバレンジャー

 

という特撮ドラマが昔あった。

 

アバレ恐竜大進撃!

アバレ恐竜大進撃!

 

 

私は特撮に興味を持つ子供ではなかった上に、そもそも当時既に戦隊モノ対象年齢外だったのでこの作品はよく知らない。

それでも、これに関するどうしても忘れられない記憶があるので書いておく。

 

変身アイテム"ダイノブレス"

お兄さんお姉さんがスペシャルなアイテムでカッコいいヒーローに変身するのは特撮ドラマの魅力の一つ。

アバレンジャーではそのアイテムを"ダイノブレス"と呼ぶそうだ。

当然これは戦隊グッズの例に漏れず、きちんと玩具になって販売されていた。 

爆竜戦隊アバレンジャー ダイノブレス

爆竜戦隊アバレンジャー ダイノブレス

 

 

放映当時、従兄弟がこの玩具で遊ぶのを眺めていた記憶がある。

 

この玩具はブレスレット型の本体1つに交換式のガワが3つ付属しているもので、ヒーロー3人分の変身アイテムとして遊べるものだった。

しかもこのガワ交換のギミックが凝ったもので、装着するパーツによってそれぞれ異なる変身サウンドが本体から流れるようになっていた。

調べてみたらレビュー動画があった。インターネットにはなんでもあるんだなあ。

(以下動画5:39からサウンドが聞ける。)

 

従兄弟が私によく変身ポーズを披露してくれたのをよく覚えている。

 

本題はここから。

この玩具、交換パーツは音の切り替え機能のみを担っていて、実際に音を鳴らすのは前述した1つだけある本体だった。

つまりガワ無しの状態でも音を鳴らすことは可能であり、どうなるか気になった私は従兄弟の目を盗んで一人で鳴らしてみた。

 

すると「キャタタタタタ」と、とても弱々しい声で良くわからない音を発した。

今となっては具体的にどんな音だったか、詳細までは思い出せないが、本当に弱々しい音だったことだけはよく覚えている。

何より勇ましい変身アイテムがこんなにも情けなくなれるのか、と当時面白く思った。

 

こんなどうでもいい思い出だけれども、最近、今年の戦隊モノのリュウソウジャーの話を聞いたり、TFリベンジを見たりでダイノブレスの事を思い出す事が増えた。

前者は恐竜繋がり、後者は顔パーツを剥がす繋がり。

 

どうしてもあの声が聞きたい、けどワザワザ動画にしてアップロードする人はいないだろうな・・・・・・と思っていたら。

 

 

あった。(上動画56秒から。)

 

驚いたのは、この動画のコメント欄に「キャタタタタ」を懐かしむ声が一つも無かったこと。

なんでだろう、なかなかインパクトのあるサウンドだと思うんだけどな。

 

日本のどこかで私と同じことを思う人が

  • ダイノブレス パーツ 外したまま
  • アバレンジャー 変身アイテム 音 変
  • 変身 オモチャ 変な音

なんて検索して、私と同じ気分になってくれたらいいなと少し思う(露骨な検索ワード設置)。

 

おわり。